simon.txt-nifty.com > 江戸東京博物館~浅草

ふらりと出かけてみたんだけど、なかなか面白かったよ。

東京モダン亭

東京モダン亭

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

こんな感じの店でまずは昼食。中はがらがらなのに外で待たされた。二つとなりの駅ではまるで違う扱いをされるメイドさんがいた。


モダン亭のオムライス。

モダン亭のオムライス。

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

五穀米。ドミグラスソースが少ない。


殿中

殿中

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

後ろに見えるのが松の廊下。


町民の暮らし

町民の暮らし

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

どのジオラマも作り込みが凄いんだ。


町並み

町並み

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

大きさは後ろに立っている人と比べてみて。


獅子舞

獅子舞

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

正月ですかね。


往来

往来

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

にぎわっております。


曲芸

曲芸

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

太鼓に合わせてお手玉などひとつ。ほれ。


職人の暮らし

職人の暮らし

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

こっちは実物大の人形なんだけど、写真にするとミニチュアと区別つかない。


本屋

本屋

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

こちらも実物大。


あねさん

あねさん

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

ちょいと妖艶。大きさは15cmくらいでしょか。もっと小さかったかな。


玩具屋

玩具屋

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

くじひいてるのかな。これもミニチュア。


おでかけ

おでかけ

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

ミニチュアですよ。表情が素晴らしい。着こなしがまた粋でげすな。


通称「12階」

通称「12階」

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

凌雲閣。百年以上前の六本木ヒルズ。



エログロナンセンス文化

エログロナンセンス文化

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

昭和初期のモダンな低級雑誌たち。


雑誌『エロ』

雑誌『エロ』

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

中でもそのまんまなタイトル。表紙のイラストが面白い。


エスカレーター

エスカレーター

両国 江戸東京博物館  2005/05/03

磯崎新から「東京の五大ゴミ建築」に数えられた(設計は菊竹清訓建築設計事務所)ことで有名なこの博物館。サンダーバードの基地と見紛うような無駄な設計(詳細はこちら)で、都民の血税を今日も垂れ流し続けているタックスイーター施設でございます。中の展示物はよくできてるんだけどね。


古本屋

古本屋

蔵前  2005/05/03

都営地下鉄の蔵前駅、大江戸線から浅草線への乗換えというのが凄くて、切符を持ったまま地上を数百メートル歩かされる。これはその途中にあった雰囲気のいい古本屋。


脱力系

脱力系

浅草  2005/05/03

仲見世の店にて。


ねこ

ねこ

浅草  2005/05/03

ペットショップにぬいぐるみ。仲見世にて。


焼酎

焼酎

浅草  2005/05/03

観音通りをちょっと脇(仲見世側)に入ったひょうたんなべ 雷門店で飲んだくれる。



やがら

やがら

浅草  2005/05/03

という魚の頭の部分を干したもの。胴体は食っちまったそうだ。めったに食えない高級魚らしい。