« 人間はだめになるものだということについて | トップページ | ああ、としかつよ »

2007.05.27

クレジットカードの売上票について

ここ4か月分くらいのクレジットカード決済を全部まとめて家計簿に転記照合した。

もう大変だったんだけど。

妙なことに気がついた。

カードで買い物したときにもらう売上票あるっしょ。

あれ5種類あるのよ。

  1. 会員番号全てとカード名義を明記している
  2. 会員番号は一部伏せてカード名義を明記している
  3. 会員番号は明記してカード名義は記載されていない
  4. 会員番号は一部伏せてカード名義は記載されていない
  5. なんにもない

ま、4がいいわけです。請求を確認したら安心してそのまま捨てられますからね。
5でもまあほとんど困らないんだけど。

123だってほとんどの場合、そのまま捨てても何にもおきないとは思いますが、物騒な世の中でございますので、あたくしの場合一応シュレッダー通しております。なので2の売上票を出す機械は早急に4にしていただきたいなと思う次第。カード名義なんか入れなくてもいいじゃないですか。

英語とはいえフルネーム入っていると、どうしてもシュレッダーしたくなるのよ。

|

« 人間はだめになるものだということについて | トップページ | ああ、としかつよ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/15214960

この記事へのトラックバック一覧です: クレジットカードの売上票について:

» アルバイト募集をかたって学生からカードを搾取 [クレジット&キャッシング カード業界のコールセンターからみた裏側]
こう不景気だとアルバイトを探すのもままならない。アルバイト情報誌を開いても、条件のいいバイトなどなかなか見つからない時代でもあります。たまに見つけて電話しても、すでに決まっていたりすることが多いですね。時間はあるが金はない、そんな学生の心理を巧みについ...... [続きを読む]

受信: 2007.07.04 03:16 午前

« 人間はだめになるものだということについて | トップページ | ああ、としかつよ »