« 政見放送はギャグの宝庫だということは知っていた。しかし。 | トップページ | [カーリング]『カーリングガールズ』を読んだ »

2007.04.01

[カーリング]『カーリング魂。』 を読んだ。

カーリング魂。
カーリング魂。
posted with amazlet on 07.04.01
小野寺 歩
小学館 (2007/03/23)
売り上げランキング: 1402
おすすめ度の平均: 4.0
4 とても誠実に書かれている。しかし。

アマゾンに書いた書評を以下転載。

とても誠実に書かれている。しかし。, 2007/4/1

   
レビュアー: さいもん  - レビューをすべて見る

トリノオリンピックで一躍有名になったカーリング。しかしスポーツとしての本当の魅力については、いまだ世間的認知は薄い。この書籍を読めば、あまりにも奥深いカーリングの世界の魅力に触れることができる。

本書は、生真面目な本人のキャラクターを反映した、とても誠実な書籍になっている。特にその並外れた練習量と試合中のプレッシャーのきつさについては、オリンピックでの完全燃焼の後の虚脱感から、一時的に第一線を離れるという本人の判断もやむなしと思わせるリアリティがある。

しかしながら、どうしても誠実であればあるほど、もっと自慢してよいこと、アピールすべきことが省かれてしまう。遠慮してしまっているのだ。ここはやはり、客観的視点として誠実なスポーツライター…生島淳あたりか…との共著にすべきではなかったか。

とはいえ、チーム青森のファンである僕は、読んでいるうちに何度か涙を流した。

帰ってこい小野寺!

|

« 政見放送はギャグの宝庫だということは知っていた。しかし。 | トップページ | [カーリング]『カーリングガールズ』を読んだ »

カーリング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/14477555

この記事へのトラックバック一覧です: [カーリング]『カーリング魂。』 を読んだ。:

« 政見放送はギャグの宝庫だということは知っていた。しかし。 | トップページ | [カーリング]『カーリングガールズ』を読んだ »