« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の5件の記事

2007.02.07

チャーハン心理学

無駄なくらい充実。

リンク: 【チャーハン虎の巻】レシピや作り方特集.

わー凄いチャーハン食べたくなるねー。

などと毒にも薬にもならないサイト紹介をするつもりはない。

このサイトのハイライトはこれだ。

リンク: チャーハン虎の巻 - チャーハン好きな人の心理分析.

チャーハンの種類から判るあなたの願望

また、幾つものチャーハンの種類があるように人の願望も千差万別です。今食べたいチャーハンの種類からも、あなたの潜在的な願望がわかるのです。

五目チャーハンが食べたい人

具沢山の五目チャーハンが食べたいあなたは、学校や会社での自分の立場に満足していないのではないですか? 具沢山はあなたの中に潜在する、周囲の環境に対する欲求不満の象徴なのです。


続きを読む "チャーハン心理学"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.02.04

ガラスのジェネレーション

Imgp1627_1

場所:錦糸町北口すぐ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

[カーリング]氷上の熱戦続く

追いかけきれないのだがメモだけ

リンク: カー娘銅、マリリン笑顔…冬季ユニバーシアード第10日:冬スポ:スポーツ:スポーツ報知(20070127).

延長の第11エンド。スウェーデンの最終ショットは、日本のストーンよりも円の中心から離れていった。「チーム青森」の選手たちは喜びを爆発させ、コーチとハイタッチ。“マリリン”こと本橋麻里(20)は「閉会式には絶対に銅メダルを持って出ようと、みんなで話していた。それがかなってうれしい」と笑みを浮かべた。

 1次リーグで2―9と大敗した相手に勝ち、寺田桜子(22)は「いい形で試合を運べた」と満足そう。五輪代表だった本橋は、1年前は手にできなかったメダルに「リベンジしたと思います」ときっぱりと言った。  チーム青森は3月に世界選手権(青森)を控える。本橋は「さらにやる気が出てきた。世界選手権ではメダルの色を上げたい」と前向きだった。

タイブレークから勝ち上がって、スウェーデンに勝ってのメダルですから立派なものです。おめでとうございます。

そしてチーム長野はアジア大会に参戦。

続きを読む "[カーリング]氷上の熱戦続く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

隊長、ひろゆきを訴える

リンク: 2ちゃんねるのひろゆき出廷直撃…訴状見てニヤニヤ (ZAKZAK).

 日本最大の掲示板「2ちゃんねる(2Ch)」管理人として、書き込みをめぐり多数の民事訴訟を起こされながら、ここ数年は出廷していなかった「ひろゆき」こと西村博之氏(30)。しかし、かつて“副管理人”とも称された盟友が起こした“内ゲバ”訴訟の第1回口頭弁論が行われた29日、突如、法廷に姿を現した。夕刊フジの直撃に対して語った心境とは?

 29日、東京地裁。開廷時間2分前の午後2時28分。法廷内の大半がこれまでのように“欠席裁判”を覚悟する中、被告の西村氏は毛皮付きの上着にサンダルをつっかけ、グレーのリュックサックを背負って現れ、「すごいことになってるね」。

 一方の山本氏は夕刊フジの取材に対し、「代理人を立てているのだから、自分が出る必要はない」とし、「他の裁判には出てこないのに何だろう、僕だけVIP待遇?」と西村氏を皮肉った。


なんか結局二人で組んで世にネタを提供しているだけのような気がするんですがどうでしょうか。 なんとなく解散後のビートルズとか、フリッパーズ・ギターを連想しちゃうのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.01

閣僚多すぎて閣議開けず

ぶははははは。

リンク: スリランカ:閣僚多すぎて閣議開けず-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

 【ニューデリー西尾英之】スリランカのラジャパクセ大統領が1月下旬実施した内閣改造で、閣僚の数が同国史上最多の53人に膨れ上がった。同国有力紙「デーリーミラー」(電子版)によると、31日に予定された初閣議は全員を収容できる場所が見つからず、延期された。

 閣僚が膨れ上がったのは、国会で少数与党だった大統領が多数派形成へ向けて閣僚ポストをばらまいたため。閣僚のほか副閣僚ポストなどにも大勢が任命され、与党の国会議員114人のうち、何のポストにも任命されていないのはわずか9議員だという。

 53人の閣僚名簿には、教育相や農相がいるのに「高等教育相」や「家畜相」など屋上屋を架すような閣僚名がずらり。手段を選ばない多数派工作に「恥ずべき事態だ。ここまで閣僚数が多いと経済に悪影響が出る」(シリセナ農相)など閣内の有力閣僚からも批判の声が出ている。

論功行賞もここまで派手だと腹が立つのを通り越して笑っちゃうね。

「家畜相」なんてオウムの「踊り省」を思い出してしまいます。くくく。
それにしても場所どうするんでしょうね。やっぱり、外ですかね。警備大変ですね。お疲れさんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »