« 一発屋のライブについて | トップページ | 亀田興毅世界タイトル奪取おめでとう!! »

2006.07.31

[映画]森田芳光『の・ようなもの』から『間宮兄弟』まで

リンク: 映画「間宮兄弟」.

『間宮兄弟』が大ヒットでロングラン上映になっているらしい。未見の方は是非。個人的には久しぶりに「僕の好きな森田」が楽しめた。

間宮兄弟 スペシャル・エディション (初回限定生産)
角川エンタテインメント (2006/10/20)

その有り余る力量で、いまや現代を代表する映画監督となっている森田だが、僕が一番好きなのはデビュー作の『の・ようなもの』(1981年)だ。つまり「僕の好きな森田」すなわち『の・ようなもの』と言ってもいい(あと『家族ゲーム』『(ハル)』もあるけど)。

の・ようなもの
の・ようなもの
posted with amazlet on 06.07.31
バンダイビジュアル (1989/05/23)
おすすめ度の平均: 5
5 輝いていた頃の森田芳光の全て

前にVTRに録画したものをDVDにダビングしようとして、結局また頭から全部観てしまった。それでこんな時間に。もう、朝だよ。

僕はこの映画が、頭の先から尻尾の端まで大好きだ。何度観たかわからない。

偉くもなければ強くもない、ごくごく普通の、わりとパッとしない人たちが、小さなことに一喜一憂する中で生まれるささやかなおかしみ、森田はここに天眼鏡を当てて、めちゃくちゃに拡大してしまう。あまりにもめちゃくちゃな倍率の拡大なので、とても変な人に見えるわけだけど、実はあなたや私と同じ、普通の人なのだ。だから、おかしいのだ。人が生きていく上での悲しみも、エロっぽさも、みんなこの天眼鏡で「おかしさ」の中に取り込まれている。

そして、構図の律儀さ。これがいい。

オープニングの「芝生の真ん中に椅子」からエンディングの「ビアホールのちょうちんをぶら下げた電線」まで、定規で測ったような精密なフレーミングのなかに「おかしい人」をポンと置く、これが、おかしい話を余計におかしくする。
ときどきさらっと被る台詞も、音楽も、効果音も全て律儀にしっかり精密に設計されている。
心情を台詞でなくイメージで表現する手法も素敵だ。たとえば、主人公が落語の下手さを指摘されると、まだ茶の間にいるはずの彼が、いきなり終電の去った薄暗い駅の前に突っ立っているシーンが挿入される。そしてまた元の茶の間に戻るのだが、この間がまた絶妙なのだ。なんとなくではあるが、滝田ゆうのマンガの「あぶく」を思い出す。

同様の手法はデビュー25周年の今年、封切られた『間宮兄弟』の中にもふんだんに見られる。たとえば間宮兄弟が浴衣パーティのために着替えるシーンの間でオーバーラップする「浴衣じゃなくて着ぐるみを着る」あたりは、まさに「心情をイメージで表現する」そのものだ。
…というか、『間宮兄弟』の中に『の・ようなもの』を思わせるシーンが頻出するのは、多分僕のようなファンに対するサービスみたいなものなんだと思う。夜中の東京を歩く/走るシーンとか、あとアイビーっぽい衣装のセンスも、なんか似ているし。

それにしても25年。
可愛らしい女子高生だった麻生えりかさんもいまはこんな感じ

森田、来年は『椿三十郎』だっけ?でもまた、こんな落語みたいな「ささやかで面白い」小さな映画を撮ってほしいなあ。

関連サイト

Culture Vulture - 『の・ようなもの』の感想、のようなもの。

|

« 一発屋のライブについて | トップページ | 亀田興毅世界タイトル奪取おめでとう!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/11161978

この記事へのトラックバック一覧です: [映画]森田芳光『の・ようなもの』から『間宮兄弟』まで:

« 一発屋のライブについて | トップページ | 亀田興毅世界タイトル奪取おめでとう!! »