« 映画館の中で | トップページ | 世界はオタクで繋がっている米国編 映画『電車男』上映 »

2006.07.18

お姉ちゃんがうたってるから実況する

2ちゃんねるのとある板で、凄いものに遭遇してしまいますた。


・弟がスレのリクエストにあわせ、即興でキーボードを演奏
・米国在住の姉がそれにあわせて歌う
・某ネットラジオ配信システムを通じて配信

という段取りになっていたのだけれど…

まず弟のキーボードが実にうまい。
スレの中からリクエストを引っ張り出し、アニソンから歌謡曲からポップスから映画音楽からCMソングから、その場でアドリブでアレンジをしながら弾きまくる。

これにあわせて歌う「お姉ちゃん」もかなりのもので、節回しを聴くかぎりはジャズの人なんだろうけど、たぶん部屋の都合でやや声量を押さえているのがウイスパー気味の萌え系ヴォイスに変化している。
さらに、歌詞が分からないところを「にゃーにゃーにゃー」とごまかしたり、たまに咳こんだりするのがまた親近感をそそる。要はオタクなチャネラーのツボつきまくり。

弟は日本在住だって言うんだけど本当なのかな。ヴォーカルとタイミング合うんだろうか。

4時間半に渡るセッションは、著作権的に真っ黒な派生作品を数々生み出した名作替え歌「VIPSTAR」で幕を閉じた。アンコールはジャズアレンジの「蛍の光」完璧である。

考えてみれば(詳しくないけど)ねとらじ自体はすでにかなりの歴史があるし、こんなことは日常的に起きていたんだろう。散発的には。

ただ、以前に比べて機材の価格も下がり、またそれほどの専門技術がなくても実に多彩な「音」が作れるようになった。そこにセッション技術と2ちゃんねる的な遊び心を持つボーカリストとキーボードプレーヤー姉弟が結託したときに、このようなとんでもないイベントが発生したわけだ。

真夜中にもかかわらず、同時接続は2000人に達したという。
こんな遊びの混沌の中から文化が生まれるためには、なんというかちょうどいい規模なんだろうな。

リンク: 激鬱Days... -2nd Season- | 長い夜。.

|

« 映画館の中で | トップページ | 世界はオタクで繋がっている米国編 映画『電車男』上映 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/10990446

この記事へのトラックバック一覧です: お姉ちゃんがうたってるから実況する:

« 映画館の中で | トップページ | 世界はオタクで繋がっている米国編 映画『電車男』上映 »