« にふ亭でマジ泣き | トップページ | ウドー・ミュージック・フェスティバル伝説 »

2006.07.23

うつうつひでお日記

猫猫先生の言い分、ま、それはそれとして。

うつうつひでお日記
うつうつひでお日記
posted with amazlet on 06.07.23
吾妻 ひでお
角川書店 (2006/07/06)

いくら吾妻ひでおであっても、つまらないものはつまらない。

いかに言い訳しようとも、金とって人様に売るものではない。
褒めている連中に憎悪を感じるほどにつまらない。
「マニア」以外には何の意味もない本である。字は小さくて読みづらいし。

とまあ、アマゾンのレビューで猫猫 小谷野敦先生が一刀両断してますが、特にアズマニアでない(正直、未だにそのよさが理解し切れてない)僕でも、なかなか面白かったですよ。憎悪されますかね。すみませんね。

とまあ、しかしこの本はやはり『失踪日誌』執筆中の制作メモみたいなもんだと思うので、『失踪日誌』を読んで気に入った人向け、だと思う。

失踪日記
失踪日記
posted with amazlet on 06.07.23
吾妻 ひでお
イースト・プレス (2005/03)
売り上げランキング: 627

|

« にふ亭でマジ泣き | トップページ | ウドー・ミュージック・フェスティバル伝説 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/11064622

この記事へのトラックバック一覧です: うつうつひでお日記:

« にふ亭でマジ泣き | トップページ | ウドー・ミュージック・フェスティバル伝説 »