« 米原万里死去と井上ひさし | トップページ | 萌えログの世界へ »

2006.05.31

[カーリング]ナンバーノンフィクション「青春ストーン」

生島淳でかした。Good Job!

Sports Graphic Number」653号に掲載された
ナンバーノンフィクション「青春ストーン。」

五輪前に極度のスランプに陥っていたのは林だったとか、カナダ戦のスキップを小野寺にしたのはフジ・ミキの判断だったとか、、初めて明らかになるエピソードの数々をちりばめながら、緻密さ、競技者心理、フェアネスといった、この競技の持つ独特の魅力とそれに魅せられた人々の姿を実にきっちりと描いている。

特に、ご存知名解説の小林宏様(尊敬しているので様付け)ご登場のシーンには泣かされた。ネタバレになっちゃうから書かないけど。これ読んでさらに尊敬しましたよ。なんて人間らしい素敵な人なんだ。

写真も撮りおろしは一枚だけだけど実に可愛らしい。VS.(バーサス)のフォトセッションなど屑のようなものだ。


そして、二人は一時現役を退くわけだが、新メンバーの山浦麻葉もまた4年前の小野寺・林のように故郷を離れ、挑戦者として青森にやって来る。チーム長野を初めとしたライバルチームのプレーヤーたちにも、きっと苦難のドラマが続いている。それでも彼女たちは、情熱を燃やし、フェアネスを貫く。

くそー。どうしても試合が観たいぞ。

詳しくはこちらをどうぞ。

リンク: スポーツ馬鹿一代:プチカーリング特集(4)ナンバーノンフィクション「青春ストーン。」 - livedoor Blog(ブログ).

※こっちもよかった。
[日本女子カーリングチーム] 小野寺歩 心に響いた励まし。 - goo スポーツ:NumberWeb -

|

« 米原万里死去と井上ひさし | トップページ | 萌えログの世界へ »

カーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/10324701

この記事へのトラックバック一覧です: [カーリング]ナンバーノンフィクション「青春ストーン」:

» Google []
Google news and reviews [続きを読む]

受信: 2006.06.01 02:57 午後

« 米原万里死去と井上ひさし | トップページ | 萌えログの世界へ »