« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月の13件の記事

2006.05.31

[カーリング]ナンバーノンフィクション「青春ストーン」

生島淳でかした。Good Job!

Sports Graphic Number」653号に掲載された
ナンバーノンフィクション「青春ストーン。」

五輪前に極度のスランプに陥っていたのは林だったとか、カナダ戦のスキップを小野寺にしたのはフジ・ミキの判断だったとか、、初めて明らかになるエピソードの数々をちりばめながら、緻密さ、競技者心理、フェアネスといった、この競技の持つ独特の魅力とそれに魅せられた人々の姿を実にきっちりと描いている。

特に、ご存知名解説の小林宏様(尊敬しているので様付け)ご登場のシーンには泣かされた。ネタバレになっちゃうから書かないけど。これ読んでさらに尊敬しましたよ。なんて人間らしい素敵な人なんだ。

写真も撮りおろしは一枚だけだけど実に可愛らしい。VS.(バーサス)のフォトセッションなど屑のようなものだ。

続きを読む "[カーリング]ナンバーノンフィクション「青春ストーン」"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

米原万里死去と井上ひさし

米原万里の死去を知ったのは日垣隆氏のメルマガでだった。その追悼文はさすが、心を打つものだった。

とは別に。

リンク: 猫を償うに猫をもってせよ - 米原万里蓋棺録.

  しかし、その最初のエッセイ集『不実な美女か貞淑な醜女か』が読売文学賞をとった時に、通読はできたけれど、いきなり賞をとるほどのものか? という疑念がかすかにあった。だが帯には、井上ひさしと大江健三郎の絶賛の推薦文があった。のちに、井上の再婚した夫人が米原の妹で、その父が共産党の議員だったと知って、「受賞」の裏を見た気がした。その後の講談社エッセイ賞をとった『魔女の一ダース』は、通読に耐えなかった。義弟の七光りがなければ、知る人ぞ知るエッセイストとしてもっと気持ちよくその死を悼めただろう。

あははは。義弟といっても井上ひさしのほうがずっと年上なんだけど。

さらに、

続きを読む "米原万里死去と井上ひさし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.29

盗作疑惑:洋画家・和田氏の受賞作、伊画家の作品に酷似

さすがにこれは、言い訳も難しい。

リンク: 盗作疑惑:洋画家・和田氏の受賞作、伊画家の作品に酷似-今日の話題:MSN毎日インタラクティブ.

今春の芸術選奨で文部科学大臣賞を受賞した洋画家の和田義彦氏(66)が、主な受賞理由となった昨年の回顧展「ドラマとポエジーの画家 和田義彦展」で、知人のイタリア人画家、アルベルト・スギ氏の作品に酷似した絵を複数出品したとして文化庁が調査していることが分かった。

 同庁によると、「盗作」を指摘する匿名の投書が4月に社団法人日本美術家連盟にあり、今月半ばには同庁にも寄せられたことから調査を開始。和田氏は「1970年代にイタリアに留学して以来、スギ氏とは長い付き合いで、留学当時は一緒に習作やデッサンをして芸術的な影響も受けたが、盗作ではない」と説明したという。

いやだってさ、これひとつじゃなくて。

続きを読む "盗作疑惑:洋画家・和田氏の受賞作、伊画家の作品に酷似"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.28

[カーリング]チーム青森新メンバー発表

何しろ顔写真しかないので。

リンク: チーム青森新メンバー発表  スポニチ Sponichi Annex 速報.

チーム青森新メンバー発表 カーリング女子「チーム青森」の新メンバーに決まった山浦麻葉選手(青森県カーリング協会提供=共同)

 トリノ冬季五輪で7位に入賞したカーリング女子日本代表「チーム青森」が所属する青森県カーリング協会は28日、離脱を表明した小野寺歩、林弓枝両選手に代わる新メンバーに、長野県カーリング協会所属の「ギャロップ」のスキップ(主将)山浦麻葉選手(22)を選んだと発表した。残る1人は当面、試合ごとに臨時メンバーで補充する。

 山浦選手は群馬大四年で競技歴は10年。長野県御代田町出身。今月31日付でチームを移籍、青森市での合宿などに参加、ことし11月下旬、長野県軽井沢町で開かれるパシフィック選手権に出場する。「ポジションはこれから決める」(青森県カーリング協会)という。チーム青森は今月31日、新体制で青森市内で記者会見する予定。

すごいなあと思うのは、

続きを読む "[カーリング]チーム青森新メンバー発表"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.05.27

爆笑問題太田・とんだとばっちり

はて、正気なのか。

リンク: 「爆笑問題」太田光さんに右翼団体から抗議文 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 人気お笑いコンビ「爆笑問題」の東京都杉並区の所属事務所に先月、長崎市長銃撃事件で実刑判決を受けた右翼団体「正気塾」(総本部・長崎市)の幹部(57)が訪れ、コンビの一人・太田光さん(41)あてに抗議文を届けていたことが25日、警視庁の調べでわかった。

 ラジオ番組でのコメントを非難する内容だったが、実際には、本人が言ってもいない話が、太田さんの発言としてインターネット上で出回っていただけだった。

続きを読む "爆笑問題太田・とんだとばっちり"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.05.22

「ことのは」問題について佐々木さんの指摘

鋭い指摘なんだけと、ということでちょっとメモ。

リンク: CNET Japan Blog - 佐々木俊尚 ジャーナリストの視点:「ことのは」問題を考える.

 オウムに対して日本社会の中には、呆然と恐怖心だけが残り、それが漠然とした社会正義へとつながっている。その社会正義はひどく漠然としているけれども、言論としてネット上に出現したとたんに、絶対的な正義として表出される。漠然から絶対正義へと至る変容がなぜ生まれるのかは私にはまだよくわかっていないのだけれども、90年代以降の社会が生み出した宙に浮いたような抽象的なオウムへの恐怖心が、ネット空間にも流れ込み、ある種の空気として漂っているということなのかもしれない。その暗い空気を言論化すると、それは絶対的な正義へと転換してしまうということなのかもしれない。そうであれば、オウム真理教と同種の恐怖が今後もさまざまに社会の中に生じていけば、同じことは次々と起きる。

 フラットになるということは、こうした絶対的正義をも許容しなければならないということなのである。これはなかなかたいへんなことだし、抱えていくのは非常につらい。フラットの呪縛と言うべきだろうか。

ややこしく考えすぎのような気がする。

続きを読む "「ことのは」問題について佐々木さんの指摘"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.20

[カーリング]プレーオフは北海道で開催

むー、首都圏開催は無理だったか。

リンク: 西日本スポーツ / スポーツ速報 [世界選手権代表はPO決定 カーリング協会理事会].

日本カーリング協会は20日の理事会で、来年3月の女子世界選手権(青森市)に臨む日本代表の決定方法を決め、トリノ五輪代表のチーム青森と、チーム長野がプレーオフで争うことになった。5試合制で12月中旬に北海道の北見市か妹背牛町で実施する予定。

 当初は全日本選手権優勝のチーム青森が代表に決まっていたが、主力の小野寺歩と林弓枝が離脱したために見直した。ただし、パシフィック選手権(11月22−26日・長野県軽井沢町)は準備期間が短いことからチーム青森が出場する。


パシフィック選手権も、軽井沢だしなあ。遠いなあ。

まあでも北海道よりは近いか。

…行っちゃおうかな?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

モノホンのオタ・アイドル中川翔子に圧倒される

もしも世界がオタで繋がるのであれば、彼女はそこで女王に君臨するだろう。

リンク: 第13独立部隊:ショコたん、大阪でドラゴンボールを探す.

まあリンク先見てくれ。まさに「本物にもほどがある」

さらに、

続きを読む "モノホンのオタ・アイドル中川翔子に圧倒される"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

[カーリング]世界女子選手権、青森と長野の勝者が代表に

適切な判断かと。

リンク: カーリング世界女子選手権、青森と長野の勝者が代表に : エトセトラ : スポーツ : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

 日本カーリング協会は19日の強化委員会で、世界女子選手権(来年3月・青森)の日本代表を、「チーム青森」と「チーム長野」が対戦するトライアルの勝者とする案を承認した。

 20日の理事会で正式に決定する。

 開催国として出場できる世界女子選手権は、トリノ冬季五輪に出場し、日本女子選手権を制したチーム青森の出場が見込まれていたが、チームから小野寺歩と林弓枝が離脱。「スキップとバイススキップが抜けても、これまでと同じ力を維持できるのか」との意見があり、大会前にトライアルを設けることにした。

 パシフィック選手権(11月22~26日・長野軽井沢)には予定通りにチーム青森が出場する。
(2006年5月19日20時20分  読売新聞)

問題はトライアルをどこでやるかだ。
今なら客が集められるよ。スポンサー付けて首都圏でぜひ。

続きを読む "[カーリング]世界女子選手権、青森と長野の勝者が代表に"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.15

世界はオタで繋がっているのか

驚愕だわさ。

さっき、フジテレビの、爆笑問題と阿川佐和子が出てくる番組(追記:週刊人物ライブ スタ☆メン)で、中国のコスプレイヤーの話をやってた。

  • 日本のアニメ・ゲームが大人気…そうだろうね
  • コスプレ大会が開かれて…はいはい
  • 地方政府が支援していて…え?
  • 1200km離れたところから高校生が汽車で駆けつけて参加する…えええ?
あの共産主義国家はいつの間にそんなものを許容するようになったのか。

リンク: ロリタの約束- - a photoset on Flickr.


なんかもう…。
  generated by feedpath

続きを読む "世界はオタで繋がっているのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.14

[カーリング]日本カーリング協会 オフィシャルブック『みんなのカーリング』

こりゃ買いですね。

みんなのカーリング

リンク: (社)日本カーリング協会 オフィシャルブック みんなのカーリング(学研) 5月末発売決定.

発売予定日 2006年 5月末
予価 税込1,365円(本体1,300円)
128ページ(フルカラー64ページ)
サイズ タテ210mm ヨコ182mm

お待たせしました! 「カーリングのガイドブック」がついに発売決定!
この1冊でカーリングがわかる! できる! 語れる!
カーリングの基本がマスターできるガイドブックです。内容は、ルール、用具、試合の進め方の解説や、デリバリー、スイーピングのレッスンなど。テレビ観戦には欠かせない「カーリングの作戦」もコーチします。

巻頭特別企画 トリノオリンピック特集
 ①イタリア戦「最終エンド」の攻防
 ②チーム青森スペシャルインタビュー

はやくアマゾンに並びませんかね。

続きを読む "[カーリング]日本カーリング協会 オフィシャルブック『みんなのカーリング』"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

[カーリング]小野寺、林は休養

ま、残念ですが。

リンク: 【カーリング】トリノ五輪代表・小野寺、林は休養.

トリノ五輪で7位と健闘し、一躍人気を集めたカーリング女子日本代表「チーム青森」のスキップ(主将)小野寺歩(27)=写真=とサードの林弓枝(28)が競技の第一線を退き、来年3月の女子世界選手権(青森)などを欠場する意向を固めたことが12日、わかった。関係者によると、小野寺ら2人は2度目の五輪だったトリノ大会で強豪カナダを破るなどして達成感があり、休養する意向。機会があれば今後復帰する考えもあるという。

日本協会は、チーム青森の5選手のうち主力2人が参加しないため、世界選手権代表を決める選考会をあらためて開くかどうかなどを20日の理事会で決める。

ただ、お疲れ様でした、と。このスポーツの素晴らしさを広めてくれて有難うございましたと。
できれば強豪各国の選手のように30代・40代になってからぜひ復帰していただきたいなと。

でもって、世界選手権代表選考会は首都圏でやってくれませんかねえ。設備から考えて難しいでしょうか。

続きを読む "[カーリング]小野寺、林は休養"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.05.04

SNLPeople.com

やあ、こいつは便利だ。

リンク: Saturday Night Live People - SNLPeople.com.

連休を利用してVHSのDVDダビングという辛い作業を続けているのだが、サタディ・ナイト・ライブについてちょっと調べていたらこんなサイトが。

全部出ているじゃん。

続きを読む "SNLPeople.com"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »