« 宝山蒸撰綾紫酒精乃雫 | トップページ | [カーリング]チーム青森、CMデビュー »

2006.04.22

[映画] プロデューサーズ

リンク: ソニー・ピクチャーズ - プロデューサーズ.

ほら。こんなところでインターネットなんかやってる場合じゃないですよあなた。

『シカゴ』も楽しかったけどさ。もう遥かに超えてますねこりゃ。
やっぱエンターテインメントの王道は「過剰」だよな。無駄に歌がうまくて無駄に踊りが揃ってる。これですよこれ。

一日で打ち切りになるひどいミュージカルを作ろうとして、ひどい脚本を探すプロデューサーふたり。白羽の矢が立ったのは『春の日のヒットラー』というナチス賛美の作品。これこそ最悪と作者のところを訪ねると、まさにナチス信奉者のドイツ人。
こいつが鳩を飼ってるんですね。伝書鳩。ネタバレ避けるとこれ以上は詳しく書けないんですが、

鳩がナチスなの。鳩なのに。

とにかくこれでもかこれでもかと笑わせてくれる。許してくださいといいたくなるくらい畳み掛けるような楽しさ。すごいよ。笑いすぎて死ぬかと思った。

いろんな国のお国柄がネタにされているわけですが、つまりはメル・ブルックスがユダヤ人だということなんですよね。あの悲惨極まりないアウシュビッツは、ここまで洒落のめさないと勝てないのだと、映画が終わったあと、よじれた腹を撫で擦りながら、そんなことを考えました。

アジア人はほとんど出てきません。韓国人や南京の中国人が東条英機をおちょくりまくるコメディが作れるかというと、こりゃ無理ですねえ。香港映画でも無理だろうな。それを観て笑える度量も日本人にはない。

ま、そんな堅い話は別にして、僕の大好きな『ブルース・ブラザース』との共通点も多かったりとか、同じユダヤ人ウディ・アレンとの比較とか(ウディ が関東・メルが関西だな、たぶん)とにかくどっからでもどこまでも、頭の先から尻尾までぎっちりアンコの入った100%のエンターテインメントです。

つべこべ言わずにとっとと映画館行ってください。はい。

タグ:

|

« 宝山蒸撰綾紫酒精乃雫 | トップページ | [カーリング]チーム青森、CMデビュー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/9715663

この記事へのトラックバック一覧です: [映画] プロデューサーズ:

» プロデューサーズ  〜このユダヤねたは最高だ!! [シカゴ発 映画の精神医学]
 二人のプロデューサー、マックス・ビアリーストック(Bialystock)とレオ・ブルーム。この名前を聞いただけで、二人がユダヤ人であるというこに気付かないと、この映画のおもしろさは半減する。 [続きを読む]

受信: 2006.05.10 02:50 午後

« 宝山蒸撰綾紫酒精乃雫 | トップページ | [カーリング]チーム青森、CMデビュー »