« [カーリング]解説神・小林宏さんインタビュー | トップページ | [カーリング]ごみ漁りさせられた五輪選手 »

2006.03.19

[カーリング]全国高校選手権 チーム青森、熱く語る

今度は高校選手権。

リンク: カーリング:全国高校選手権 チーム青森、熱く語る--開幕 /青森:MSN毎日インタラクティブ.

 高校生のカーリングの最高峰を決める「全国高校カーリング選手権」の第1回大会は18日、青森市の市スポーツ会館で開幕した。この日は講習会だけがあり、トリノ五輪で7位入賞した「チーム青森」の小野寺歩主将(27)が、「負け試合の後は『自分が何のためにここでプレーしてるか』を見つめ直した」と話した。

 「カーリングの街」を掲げる青森市が、総務省と文部科学省の05年度の新規事業「スポーツ拠点づくり推進事業」に名乗り出て、第1回大会が実現した。大会には、全国から男女の各5チームが出場。講習会では「チーム青森」の5人が、約60人の選手やコーチから出た質問に答えた。

 カーリング日本選手権で「チーム常呂中」(北海道北見市)に敗れたことについて、林弓枝選手(27)は「負けて情けなかった。でも、負けを認めて次に生かせた」。目黒萌絵選手(21)は「信じられなかったが、ターニングポイントになり、波に乗っていけた」と振り返った。

 五輪については、本橋麻里選手(19)は「出て損はないので出て下さい」。寺田桜子選手(21)は「皆さんの前で話せるのも五輪のおかげ」と笑顔だった。

それぞれのキャラが出ています。「出て損はない」って。ふふふ。

タグ:

|

« [カーリング]解説神・小林宏さんインタビュー | トップページ | [カーリング]ごみ漁りさせられた五輪選手 »

カーリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/9162096

この記事へのトラックバック一覧です: [カーリング]全国高校選手権 チーム青森、熱く語る:

« [カーリング]解説神・小林宏さんインタビュー | トップページ | [カーリング]ごみ漁りさせられた五輪選手 »