« アップルから女性向け軽量ノート? | トップページ | この看板を見るたびに »

2005.12.25

『ローマの休日』についてちょっと

テレビで『ローマの休日』を放送していた。
無視してアド街っくを見ていたのだが、結局後半から見てしまう。

ローマの休日 製作50周年記念 デジタル・ニューマスター版 (初回生産限定版)
パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン (2003/12/17)
売り上げランキング: 2,414
おすすめ度の平均: 4.86
4 やっぱり素敵
5 永遠の映画
5 是非吹き替え版も入れてほしい!

僕はこの映画が好きだ。

この映画の脚本を実際に書いたのはドルトン・トランボである。

彼は「赤狩り」の中で、表現の自由を守るために、非米活動委員会の席で証言を拒否した。
自身が共産党員か、周りに共産党員はいるか、という尋問に対して、自らの良心にもとづいた彼は答えようとしなかった。結果、禁固刑を食らい、ハリウッドを追放される。

しかし彼は、友人の名前を借りて『ローマの休日』を書き、さらに肉体労働に従事して脚本家としては完全に死んだと見せかけて、変名「ロバート・リッチ」で世に送り出した『黒い牡牛』でアカデミー原作賞を受賞する。

あのチャップリンですら米国を去ったマッカーシズムの嵐の中で、ハリウッドは彼の才能まで締め出すことは出来なかった。追放したはずのトランボに賞を贈ったアカデミーの権威は大きく傷つき、この受賞を最後に、アカデミー原作賞は廃止されてしまう。

一方で映画を撮り続けるために仲間を売り渡してしまったエリア・カザンは、のちのちまで非難を浴びることになる。

さて、ご覧になった方はこの『ローマの休日』のラストシーンを思い出して欲しい。なぜあの新聞記者はあのような行動をとったのか?

成功よりも大切な信義があったからだ。

友人を権力に売らなかったトランボ。あのシーンは、彼自身の振舞いとぴったり重なる。

ただのロマンチックなラブストーリーと思われがちな『ローマの休日』には、じつはこんなメッセージが託されていたのだった。

映画ファンの間では有名な逸話だが、まだまだ知られていい話だと思うので、ここにメモってみた次第。

関連サイト
『ドルトン・トランボ』
『栄光なき天才たち ― 執念のライター ドルトン・トランボ ―』

|

« アップルから女性向け軽量ノート? | トップページ | この看板を見るたびに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/7816280

この記事へのトラックバック一覧です: 『ローマの休日』についてちょっと:

» ローマの休日 [映画かよ!]
製作年度・製作国・上映時間 1953年・アメリカ・118分 監督 ウィリアム・ワイラー 出演 オードリー・ヘプバーン 、グレゴリー・ペック 、エディ・アルバート 、テュリオ・カルミナティ [続きを読む]

受信: 2005.12.26 06:41 午後

» 『ローマの休日 ROMAN HOLIDAY』 デジタル・ニューマスター版 [honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜]
『ローマの休日』デジタル・ニューマスター版 公式サイト:http://www.roman-holiday.jp/ 原題:ROMAN HOLIDAY製作:1953年アメリカ監督:ウィリアム・ワイラー出演:オードリー・ヘプバーン/グレゴリー・ペック/エディ・アルバート 《公開時コピー》最高に美しい…...... [続きを読む]

受信: 2006.01.10 06:44 午前

« アップルから女性向け軽量ノート? | トップページ | この看板を見るたびに »