« ホリエモン人物像に関する記事二つ | トップページ | 子供を犯罪から守る »

2005.03.07

映画『ビヨンド the シー』

『ビヨンド the シー』

観てきた。客が少なくてびっくりしたが。いい映画だぞお。
伝説の名シンガー、ボビー・ダーリンの伝記映画。

 
よく練られた脚本、効果的な細かいカット割で展開されるのはミュージシャンのサクセス・ストーリーなのだが、、その裏にいつも暗い影、死の影が忍び寄っているため、なかなか100%エンジョイする気になれない。

クライマックスは最後にやってくる。
優れた音楽映画(ミュージシャンが制作に関わるものとドキュメントは除く)では「奇跡が起きて音楽が生まれる瞬間」だ。意志の力だけではエンターテインメントではない。そこにアイディアが加わって初めてマジックが生まれる。この映画の「マジック」は、単純なものだがそれだけに力強く感動的なのだ。

ケヴィン・スペイシーがボビー・ダーリンの名曲を全て自ら歌いまくるのが圧巻。とにかく彼は10年間この企画を暖め続け、歌の練習もしてきたそうで、その情熱・気迫はスクリーンの隅々にまで満ち溢れている。

ジョン・グッドマンはじめ脇役も全てミスキャストなし。ケヴィンの熱意に応える好演。


それにしても、アマゾンで検索するとボビー・ダーリンのCDがたったの一枚、それもCCCDってのはどういうことなのよ。

※参考サイト
ボビー・ダーリン


|

« ホリエモン人物像に関する記事二つ | トップページ | 子供を犯罪から守る »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/3202122

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『ビヨンド the シー』:

» 水割り片手に男の一生を [きょうのヒット]
ツタヤまでDVD返しに行かなきゃ、と思いながら フラッと立ち寄った映画館で、 事 [続きを読む]

受信: 2005.03.11 03:56 午前

» ■サンドラ・ディ★逝去 [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Sandra Dee★サンドラ・ディ逝去 ●ケイト・ボズワースがサンドラ・ディを演じた映画「Beyond the sea」は、ケヴィン・スペイシーに... [続きを読む]

受信: 2005.03.11 04:56 午前

» ■ビヨンド the シー 夢見るように歌えば/Beyond the Sea [ツボヤキ日記★TUBOYAKI DIARY]
■Beyond the Sea / ビヨンド・ザ・シー 〜夢見るように歌えば〜 ●待ちに待ったケビン・スペイシーが「ボビー・ダーリン」にスポットを当て... [続きを読む]

受信: 2005.03.11 04:56 午前

» ビヨンドtheシー [銀の森のゴブリン]
2004年 アメリカ・ドイツ・イギリス 製作、監督:ケヴィン・スペイシー 脚本: [続きを読む]

受信: 2005.12.25 01:49 午前

» ビヨンド the シー (Beyond the Sea) [amore spacey]
私のお気に入り度 ★★★★★(★★★★★が最高) アクターズ・スタジオにゲスト出演した時、「歌と踊りのある作品をやってみたい」とケヴィンは語っていました。それが5年ほど前のこと。すでに彼の頭にはこの作品の構想があったのでしょう。オープニングからエンディングまで一気に観ました。これを舞台仕立てにしても面白いだろうなぁと思いました。 ヅラやつけ鼻や黒縁メガネがケヴィの容貌をかなり変えていたので、それが若干気にはなったものの、彼の歌と踊りと演技を心行くまでたっぷり味わうことができる作品でした。... [続きを読む]

受信: 2006.01.08 02:38 午前

« ホリエモン人物像に関する記事二つ | トップページ | 子供を犯罪から守る »