« 「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション | トップページ | さすがアドセンス »

2005.01.28

大阪市の支給スーツ

 「カンプク」。大阪市職員は支給されるスーツをそう呼ぶ。「官給服」を縮めた言い方。事務職員に限らず、現場作業中心で普段は作業着姿の職員にも「市民接遇服」の名で渡される。

今朝のワイドショーでやっていたこの話。
このポケットを見てくれ。

息子のサイズで支給スーツつくり“プレゼント” : ニュース : 読売新聞大阪本社|Yomiuri on-line 関西

市によると、スーツについては二十数年前にも国税当局から「課税対象では」と指摘されたが、胸に「Osaka City」の縫い取りを施して「制服」らしさを前面に出すことで、折り合いを付けた。

 ところが、市は縫い取りを胸ポケットのかぶせ布に刺しゅうする“裏技”を編み出した。布を折り込んでしまえば、普通のスーツ。職場を出てそのまま居酒屋に立ち寄っても、家族が着用しても、違和感はない。

こんな珍妙なスーツで「市民接遇」するんかいな。どないなっとんねん。

|

« 「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション | トップページ | さすがアドセンス »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/2728790

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪市の支給スーツ:

» ステップ1−3 手当の役割 家族手当は男女差別? 大阪市の過剰手当 [成果主義を自分の味方につける法]
■ステップ1 まず時代の流れと人事のしくみを正しく理解する 11 人事評価は、どこの会社でも悩みのタネ 12 これまでの目標管理は上手く機能しない 13 給... [続きを読む]

受信: 2005.01.31 12:03 午前

« 「電車男」は誰なのか―“ネタ化”するコミュニケーション | トップページ | さすがアドセンス »