« 『電車男』とギリシャ悲劇 | トップページ | ついに1位 »

2004.10.24

いずれにしても悲惨な話だが

「また揺れた」けが人あふれる病院、2歳児が突然死(YOMIURI ON-LINE / 社会)

 新潟県警によると、亡くなった10人のうち、身元が判明したのは、小千谷市の小川利夫さん(55)、同市の無職駒形美佐子さん(70)。十日町市では、自営業金崎昌彦さん(34)、蕪木(かぶらき)トシエさん(65)。さらに、同市の飲食店従業員樋熊実さん(41)の長男、大地ちゃん(生後2か月)は避難する車の後部座席に乗っていたが、余震のショックで突然死した。

ど、どっちなんだ?2歳児?2か月?報道も混乱する突然の地震。

それにしても台風が去ったばかりだというのに。

|

« 『電車男』とギリシャ悲劇 | トップページ | ついに1位 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/1758368

この記事へのトラックバック一覧です: いずれにしても悲惨な話だが:

» 新潟県中越地区で震度6の地震 [くりおね あくえりあむ]
10月23日午後5時56分頃、新潟県中越地区を震源地として震度6強の地震が発生し、余震が断続的に発生しています。 Yahoo!ニュース:新潟県で震度6強 asa [続きを読む]

受信: 2004.10.24 02:38 午後

« 『電車男』とギリシャ悲劇 | トップページ | ついに1位 »