« 川島雄三特集 | トップページ | ジャパン優勝(TOSHIBAスーバーパワーズ・カップ) »

2004.05.31

「電車男」に関する小鳥さんのコメントに

小鳥さんのコメント(日常/非日常Blog: コラボレーション型恋愛感動巨編「電車男」)

今までは、例え周囲に「あんなの作りに決まってんじゃんかよ」といわれても、かたくなにあの話は本当だと信じていたのですが…「衝撃のエピローグ」読んだら、ちょっと信じる心がグラつきました。
だって、許すならともかく、積極的に素敵なことだと認めるというのは、ちょっとねえ……

周囲の女子は、口をそろえて「これはもうフィクション決定ですな」と言っています。
さいもんさんはどうですか?


 
 
あ、僕はノンフィクションだと思っています。

・小説のように一人の人間が書いたものであればネタということも大いにありえますが、相当数の住人をリアルタイムに巻き込んでいます。それも含めて全部ネタ(つまり複数による(・∀・)ジサクジエーン)というのはちょっと難しすぎます。また、ひとりが電車男を演じてネタを書き込み、マジレスを付けて貰っていたというのも、技術的に高度すぎて想像がつきません。

他にもいくつか状況証拠がありますが、詳しく書いてしまうと一部の方にご迷惑になる可能性があるので、やめておきます。
ま、ここまで良く出来ていればネタでも喜んで騙されますよ、僕は。
騙されたとしても失うものないですしね。

・「積極的に素敵なことだと認める」のは確かに凄いなと思いましたが、そもそもこの二人の軌跡はほとんど奇跡であり「神の仕業」と称せられることです。
もう何が起きても不思議じゃないよな、世の中は広いのだよな、自分の価値観など大したことないよな。
と素直に受け止めています。

・この二人は「」なので「フィクションかノンフィクションか」を考えることは、つまり神の存在について考えることです。存在するという人もいるし、そんなの信じないという人もいるでしょう。
それはもう価値観の話なので、それでいいんじゃないのと思う次第です。

・エルメス女神説についてはこちらを

・まあしかし、Blog書いているわれわれ自身の存在自体、フィクションだかノンフィクションだか、怪しいものですよね(笑)。

|

« 川島雄三特集 | トップページ | ジャパン優勝(TOSHIBAスーバーパワーズ・カップ) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

電車男」カテゴリの記事

コメント

リアルタイムで2ヶ月自作自演は難しいですよねえ。
しかし、結局匿名の2chでは真相はわからず。
それがいいんですよね。おいらは信じる派。

投稿: ちぶさん | 2004.05.31 11:56 午後

後日談については。このエントリーも参考になるかな。
http://www.otsune.com/diary/2004/05/27.html#200405279

投稿: さいもん | 2004.06.10 12:02 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/687023

この記事へのトラックバック一覧です: 「電車男」に関する小鳥さんのコメントに:

» いっそドラマ化? [マローさんの覚え書き]
電車男君のエピソードがこの週末ブログ上で大流行しましたね。 私もこっそり便乗してたりして。 やじうまや電2みたいなサイトだけじゃなくて、相当数のブロガーが紹介し... [続きを読む]

受信: 2004.05.31 09:33 午後

» [Web]・電車男氏の物語と後日談と [:: The Perfect Insider ::]
ここ最近かなりの盛り上がりを見せている、電車男氏とエルメスさんの物語。このサイトの過去ログ、「電車男氏、衝撃の発言。そして」も、「後日談」という名の下、思いの外... [続きを読む]

受信: 2004.06.01 06:15 午後

» 「電車男」について2 [いくばくかの・・・・@WebryBlog]
「電車男」について  blog界では、「いい話」というブームが一段落し、ノンフィクションかネタかというあたりに1週間以上前から議論が進んでいるようで。・・・・... [続きを読む]

受信: 2004.06.09 01:57 午後

» 「電車男」について2 [いくばくかの・・・・@WebryBlog]
「電車男」について  blog界では、「いい話」というブームが一段落し、ノンフィクションかネタかというあたりに1週間以上前から議論が進んでいるようで。・・・・... [続きを読む]

受信: 2004.06.12 09:02 午後

» 電車男にみる「やるドラ」 [primary color sky.]
夜が明け、仕事中も電車男を反芻してニヤついてしまう男、ねすです。 以下は感動を壊す要素のある仮説および分析だったりしたりして。 感動を薄れさせたく無い人は読まな... [続きを読む]

受信: 2004.07.17 10:00 午後

» 電車男 [日々雑感]
「電車男」最初は馬鹿にしていました。でも段々と気になってきてしまい、ついに近所の書店にて購入しました。さて、読んでみたのですが、 [続きを読む]

受信: 2004.12.12 12:26 午前

» 今年を総括して-やっぱり電車男だな- [The Depressionist's Blog]
 一番読まれた記事は、やはり 2004.09.13 電車男伝説ここに極まれり?!「幸せを呼ぶ」ベノアの紅茶&スコーン企画 だったようです。これをめぐって回想して... [続きを読む]

受信: 2005.01.02 08:39 午後

« 川島雄三特集 | トップページ | ジャパン優勝(TOSHIBAスーバーパワーズ・カップ) »