« スクール・オブ・ロックをも一度観たいな | トップページ | 未納ネタ飽きた »

2004.05.13

モノ書きの老婆心を読んで考えたこと

週刊!木村剛: モノ書きの老婆心:「匿名性」を護るために
いいかげんなブロガー(僕も含む)に対するある種の警告(訴訟リスクありますよ、Blog文化が崩壊するリスクありますよ)としては、まあ理解できるし、プロバイダ責任法や悪マニ事件などを考えれば、ネット歴が長い人間が馴れや感覚だけでネット社会を生きるのは危険だと言う気もする。そうですね。気をつけましょう。どうもありがとうございました。

(この件についてはDays of SpeakEasy: ネットの匿名性に関する卓見に詳しく解説されている)

ただ、どうも気になる。



「匿名の定義が甘い」というのももっともだが、もう一つ。
匿名の人はコミュニティを壊す権利を持っているのか?

 勘違いされないように申し上げておきます。私は「H」さんのコメントを責めているわけでは全くありません。私が「H」さんの立場なら、自分のブログを荒らされるのは嫌ですから「木村氏関連をやめる」という決断をすぐにでもしてしまうでしょう。過去の木村氏関連ネタも削除してしまうかもしれません。だって、ブログなんて軽いノリと趣味でやっているんですから、心理的な負担を感じてまでやりたくないじゃないですか。
この発言と矛盾しないか?
軽いノリと趣味で書いたことを名誉毀損や業務妨害とみなしてくる可能性は大いにあるよ。明らかにめちゃくちゃな法の拡大解釈であっても、民事訴訟を起すだけならカネさえあればできるわけで。いまじゃ刑事だってありうる。

で、今回の話は「軽いノリと趣味でBlogやったら訴えられるリスクはあるのだから心理的に負担を感じろよ」ということではないのか?
他人のやることに対して何を書こうが、訴えられるリスクはある。それが「ゲームオーバー(?)」に繋がるなら、Freenetが実現するまでは…するかどうか知らないけど…何も批判などできないではないか。
表現の自由はどんどん空文化しそうだが、それは匿名で悪質なことを書く愚かなネットワーカーのせいなのか?悪マニもそうだったというのか?悪マニのおかげで悪質商法から逃れることができた数多くの人たちがいると言うのに。

話がとっちらかっているが、要するに「Blogの書き手は法律をどの程度自覚すればいいのか」「自覚によって訴訟リスクは回避できるのか」「そもそも今後ネットの発言に対する訴訟はどの程度増加するのだろうか」ということだ。僕には良く分らない。簡単に結論が出る問題でもなかろう。

書き込みは楽だが、訴訟を起すのは大変だ。こうした負担の違いによるバランスが、ネットワーカーに自由を与え、また書かれることによる被害も生んできた、とも言えるだろう。これはネットの光と影だ。

これが、訴訟にカネを注ぎ込むことができる複数の企業団体が、本気で一罰百戒を狙って訴訟を起して行くようになったら、どうなるのだろうか。何しろ訴えられたらそれで「ゲームオーバー(?)」なのだ。ある意味表現の自由はカネで保証される世の中になっていくと言うことにならないか。それは自由なのか。もともとそんな自由はなかったのか。
そもそも、そんな形の社会になったのはネットのせいなのか?

むしろ表現の自由などは、もともと他の人権やモラルの問題との兼ね合いで制限されているのではなく、資本・地縁血縁などなどによって制限を受けていて、ネットによってそのような状況がはっきりして来たに過ぎないのではないか。

だとしたら、個々の書き手の自覚云々だけでは問題は語れないし、なにか、むなしい。

本当のことなんか、言えない 言えば殺される(RCサクセション『言論の自由』)」

初期のRCサクセション

あえて言えば、

訴える側が本気で一罰百戒を狙うならば、ブロガーは社会的に葬り去られる危険に間違いなくさらされます。簡単な話です。
ブロガーを訴えて、訴えた事実を記した書面を、ブロガーが勤めている会社の社長に送りつければ、通常の場合それでゲームオーバーだからです。

ここでゲームオーバーしないというのはどうだ。いやゲームオーバーって良くわかんないんだけど、解雇されるということを言っているのであれば、「表現の自由」を根拠とし、不当解雇として会社を訴えるという手はあるのかもしれない。
ただの一般人が訴訟二つも抱えちゃって、どう考えても茨の道だが、社会的に葬り去られるよりはずっとましかもしれない。最初からそこまでの覚悟を持ってBlogやるかというと、やんないけど、そういう状況に追い込まれたら、物の弾みで何がどうなるかなんて誰にも分らないな。
サングラスをかけた不気味な大男がいきなりやってきて、青い薬と赤い薬さてどっちを飲みますかと聞かれるのと同じだな。「匿名性」を護るためには、誰かがその生涯を掛けて戦うしかないのかもよ。ネオのように!!

マトリックス 特別版

…少なくとも現状においてはBlogに書いたことで訴えられるというのは割と極端な事例であると考えられるので、こちらの文章も極端に走ってみますた。

実際には、個人相手に無茶な訴訟を起す企業団体に対しては、それなりの世論なり評判なりがぶつけられるようになるだろう。当然Blogは世論生成に積極的に役割を果たしていくことだろう。2ちゃんねるにおけるひろゆき氏の役割は、この世論形成という意味で各ブロガーが少しずつ分散して受け持つことになる…のかな。
まあなんとか、そんなに悪いことにはならないのではないかと楽観的に考える。Blog文化はまだ若い。エスタブリッシュメントも敵対するばかりではない。2ちゃんねるに寄せられた罵詈雑言の数と訴訟件数の差を見ればいい。
これからいろいろあるだろうよ、そりゃ。我々自身を信じましょう。

まあ、いずれにしても「あんたの言うことには全く同意できないが、あんたがものを言う権利は全力で守ろう」という考え方は民主主義の基本であり、2ちゃんねるでいくら叩かれても、2ちゃんねるの意義をちゃんと認める木村氏は偉いと思う。なかなかそういう人はいないのだ。

2ちゃんねる宣言 挑発するメディア


以下は本筋とは関係ないはなし。

 そのときのトラックバックや今回の一連のトラックバックを読んでいて感じましたが、いわゆるネット経験が長い方ほど、「実名でも匿名でも荒れるものは荒れる」「匿名を問題視するのなら、ネットデビューすべきではない」という書き方をしていらっしゃいます。モノ書き出身の私には、そこの点に少し違和感を覚えます。

この二つは全然違う話で「実名でも匿名でも荒れるものは荒れる」というのは「荒れる原因は匿名だけでない」と言う現象の説明であって僕の主張でもある。「実名になれば荒れないから実名のほうがいい」と話がもし出てこない
のであれば、特に強く主張するつもりはない。
「匿名を問題視するのなら、ネットデビューすべきではない」と言うのは誰がどういう文脈で言ったか知らないが、意味が良く分らないし、この文章だけでは同意できない。実名/クローズドなコミュニティだってネットなんだし。
二つをあまり一緒にしないほうがいいのではないだろうか。

もうひとつ、まあBlogに限った話にすると、問題点はやはりコメント欄かなと。荒らしを防御する機能が弱いので2ちゃんねる以上に荒れやすい。スパムも入ってくる。うちのBlogでもバカがときどき来訪する。IPで制限もできるが、面白いので今のところそのまま晒してある。
で、MT3.0のTypeKey登場が待たれる。果たしてどの程度有効に作用するであろうか。

-----------------------------
さてさて、ついでに木村氏にお願いしたいのは、誤字の訂正、機種依存文字の訂正。
○に入った数字はネットでは使うべきではない機種依存文字。
また「2チャンネル」というのも誤用(「同じ文章の中で「2ちゃんねる」とも表記しているのでたぶん単純ミス)なので、このあたりはご注意いただきたい。

本当はこれくらいならメールで送ったほうがいいのだが、木村氏はトラックバックによるコミュニケーションに可能性を見出しているので、わざわざここに書く。

モノ書き15年のキャリア・ブランドを守るためにも、是非。と言う老婆心。
-----------------------------

|

« スクール・オブ・ロックをも一度観たいな | トップページ | 未納ネタ飽きた »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

物書きの人にいうのは失礼かもしれないんですけど、木村氏はなんかまだ考えが練れてない、ゆれてるように感じるのはわたしだけでしょうか?

投稿: ぶん | 2004.05.14 01:22 午前

訴訟リスクを抱えて書きつづけるファイターだからこそ「練れていない、ゆれたままで書きつづける場」が貴重なのでしょう。

切込隊長の突っ込みなんて、けっこうマジで喜んでるんじゃないかと思います。

投稿: さいもん | 2004.05.14 01:31 午前

こんにちは。
木村某の「あっち」も読みましたが、はて、こんなに長文でぐだぐだ言うような話かな、と想いました。(木村某の方のことです)
ネットは誰がなんと言おうと「匿名空間」なのであり、そんな「匿名空間」に自分の考えをサラしたらどうなるか、っつう想像力がやってるうちに鍛えられるってのは、まああるし、運悪く訴えられることもあると。
実名でBLOGを立ち上げたからといって当たり障りない話だったら、遠いどこの馬の骨の話かわからない人の実名なんて記号ですらない。
金融だかなんだかの専門家としてネットに自説をサラしてるんだから、匿名だ実名だと「べき」論をふりかざしたって、無効。むしろ、それで飯をくってたら批判に耐えて応えるのがプロの本懐では、と思うわけです。
匿名のネットワーカー(?)は、「そんなことサラしてると訴えられますよ」とそーっと教えてあげればいいんではないか、と。

投稿: akiller | 2004.05.14 10:56 午前

>物書きの人にいうのは失礼かもしれないんですけど、木村氏はなんかまだ考えが練れてない、ゆれてるように感じるのはわたしだけでしょうか?

というかほぼ毎日長文のblogを書き続ける、いや書くことが義務というか仕事みたいになってくると文章の練り具合が少なくなってしまうのではないかしら、などと思う今日この頃。かといって時間を掛ければいいと言うわけでもないのですが、変な義務感に駆られて質の低い文章が出てくるよりは…ねぇ。(でも数日間更新がなかったら「逃げた」とか言われるのだろうな~>木村氏)

投稿: jdash | 2004.05.15 02:16 午前

そうですね。やはり「練りよりタイミングが大事なこともある」Blogの特性に引き釣られているというか、むしろ気に入っているのではないかと思われますね。


適当にゆるくて突っ込み所を作ってあるのも、その後のコミュニケーションに期待しているからなのではないかと。

投稿: さいもん | 2004.05.16 10:29 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/587917

この記事へのトラックバック一覧です: モノ書きの老婆心を読んで考えたこと:

» なんか脅された気分? [自給自足生活]
言論の自由を護るため、覚悟して書き込め、訴えられてもしらないよ。または、訴えることもできるんですよ的な、発言は我々一般人には到底できる訳もないし、するきもありま... [続きを読む]

受信: 2004.05.13 10:36 午後

» 匿名性? [kero's ちぇんばぁ]
なにやら色々なところでインターネットの匿名性という話が出回っており。 や、匿名性とネットを結びつけてどないすんだ、という気も。 所詮、名前を書こうが... [続きを読む]

受信: 2004.05.14 12:35 午後

» 元厚生省職員からFAXが届きました! [週刊!木村剛]
 皆さん、こんにちは。木村剛です。来たる5月29日(土)、品川インターシティホー [続きを読む]

受信: 2004.05.20 09:18 午前

« スクール・オブ・ロックをも一度観たいな | トップページ | 未納ネタ飽きた »