« 国税庁システム、発注方式見直し 開発費膨れて3千億円 | トップページ | 手紙フェチ »

2004.05.24

米国テロ対策事情:2件の最新事例

ちょっとだるくて、書く気にならないので他のBlogを紹介。

暗いニュースリンク: 米国テロ対策事情:2件の最新事例

いやあ、本当にいるんだね。シークレットエージェント。

エージェント: 「我々がここに来た理由は、あんたの電子メールを傍受したからだ。その電子メールには“ブッシュ”と“ビン・ラディン”が同じ文章中に記述されていたということだ。そうしたメールを送った覚えは?」

アジズは近所の住人へ送ったメールを思い出した。その相手とはイラク占領体制についてメールで議論していたという。

ここだけ読んでいると、旧ソ連だか米国だか分からんな。

ところで、マイケル・ムーア『華氏9・11パルムドール受賞おめでとう

|

« 国税庁システム、発注方式見直し 開発費膨れて3千億円 | トップページ | 手紙フェチ »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/628938

この記事へのトラックバック一覧です: 米国テロ対策事情:2件の最新事例:

« 国税庁システム、発注方式見直し 開発費膨れて3千億円 | トップページ | 手紙フェチ »