« 中国の不思議 | トップページ | 【はてな】 くつひもが… »

2004.01.13

『ヒカルの碁』一気読了

薦めてくれたのは娘たちではない。漫画好きの義母である。

喉がちょっと痛くてフィットネスクラブを休んでできた暇に『ヒカルの碁』全23巻を読了。

すごいや。これは。

主人公の少年がこれほど負けつづけるジャンプマンガも珍しいのではないか。そして囲碁という、どう考えてもマンガになりにくいジャンル。それがこの面白さ。

少年ヒカルと、彼に取り憑いた平安時代の囲碁指南役・佐為との別れには、『ラスト・サムライ』では決して描くことのできなかった『日本なるもの』が見事に表現されている、などと勝手に思った。

累計2200万部?なるほどねぇ。

世の中には凄い人がいる。作者のお二人の力量には心底感服した。

|

« 中国の不思議 | トップページ | 【はてな】 くつひもが… »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562/96541

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヒカルの碁』一気読了:

» ヒカルの碁 [ケントのたそがれ劇場]
ヒカルの碁 (1) 著者:ほった ゆみ,小畑 健,梅沢 由香里販売元:集英社Amazon.co.jpで詳細を確認する 僕が急に囲碁を再開したのには、理由があるのです。最近「ヒカルの碁」という少年マンガに夢中になっているからです。このマンガの影響で小・中学... [続きを読む]

受信: 2006.01.12 09:26 午後

« 中国の不思議 | トップページ | 【はてな】 くつひもが… »